2019冬イベ攻略中

艦これ聖地巡礼で日本一周!【1日目】富山県-新潟県

こんにちは、まっちゃ(@matcha_design)です。

夏真っ盛りですね。暑い暑い暑い&暑い。

そんな中

ついに始まりました。

「艦これ聖地巡礼で日本一周!」

今日はその1日目です。

今日訪れたのは以下の場所です。

  • 射水神社
  • 神通川
  • 鵜坂神社
  • 鹿嶋神社
  • 関山神社
  • 燕温泉

出発

始発の電車で出発するため、朝4時30分に起床し金沢駅へ向かいました。

当初は自転車に乗って金沢駅へ向かう予定でしたが、相方のお母様が送迎してくださるということで、お言葉に甘えて送っていただきました。

ありがとうございます

とくに問題なく乗車することができ、金沢駅を出発し高岡駅を目指します!

金沢駅

高岡駅

高岡駅からは自転車を利用して射水神社へ向かいます。

この日は天気もよく、とても暑かったです。水分補給が欠かせませんね。

射水神社(いみずじんじゃ)

神通の艦内神社の分霊元は僕達の調査の結果、複数箇所あるようだったので、全部回ることにしました。

1箇所目は射水神社です。

由来のある艦娘

射水神社に由来のある艦娘は5500トン型軽巡洋艦・川内型軽巡洋艦2番艦の神通(じんつう)です。

実際の神通はこのような艦です。

画像はWikipediaより

艦隊これくしょん(以下艦これ)では、以下のような姿となっています。

画像は艦これ攻略Wikiより

凛々しい姿ですね。

艦これでは火力や耐久値が高く、僕も重宝しているキャラクターです。

ではでは、射水神社をみていきましょう。

射水神社は高岡駅から自転車で15分ほどのところにあります。

自転車をとめ、本殿へ向かいます。

それといって神通に関連するものがなかったのと、時間が危うかったので軽く散策をし

本殿で旅の無事を祈り、射水神社をあとにしました。

帰り道に「日本一のイケメン大仏」と呼ばれる高岡大仏をチラ見していきました。

神通川

次の目的地は神通の名前の由来となった川である神通川へ向かいます。

水がとても澄んでいて綺麗でした。

暑いですが素晴らしい旅の予感を感じさせてくれましたね。

次は鵜坂神社へ向かいます。

鵜坂神社(うさかじんじゃ)

2箇所目に鵜坂神社を訪れました。

看板があったので迷うこと無くたどり着くことができました。

ここでも例のごとく参拝をし、旅の安全を願いました。

参拝のあと神通に関連するものが無いかと探索をしましたが、それらしいものは見当たらず…

気を取り直して次の場所へ向かいます。

しかし

ここで初のアクシデントが発生しました。

相方が「タイヤの空気が減ってきた」というので事前に買っておいた携帯空気入れで空気を入れようとしました。しかしながらうまく入らないので色々と触っていたら誤ってすべての空気を抜いてしまったのです…

その後も試行錯誤を重ねなんとか空気を入れようとしましたがどうにもならず。

諦めて駅まで押していくことになりました。

駅までの道の途中でどこか空気を入れられる場所がないかと探し回り、やっと見つけたのがガソリンスタンドでした。ガソリンスタンドへ向かい店員のお兄さんに「空気入れさせてもらえませんか?」と訪ねたところ、快く引き受けてくれたのでとても嬉しかったのを覚えています。

これでなんとかなる、と思ったのですがどうも問題は空気がないというところではなく、タイヤの中の部品の劣化とチューブが脱落していたようです。

ガソリンスタンドをあとにし、神通側の近くにあった自転車屋で修理しました。

修理に関わってくださった方々、本当にありがとうございました。

自転車が無いとこの旅はかなりキツイです笑

ここから学んだことは、自転車もとい旅の装備は事前に点検しておいたほうが良いということです。

みなさんも旅に出る際は気をつけましょう。

次は鹿嶋神社へ向かいます。

鹿嶋神社(かしまじんじゃ)

3箇所目に鹿嶋神社を訪れました。

鹿嶋神社は越中宮崎駅から自転車で10分ほどの場所にあります。

すぐそばに海岸があり、潮の香りがうっすらと漂い自転車で走るのがとても気持ちよかったです。

鹿嶋神社に到着しました。

ここも神通に関連するものはありませんでしたが、陸軍や海軍の亡くなった方のお墓があったので、そこでお参りをして鹿嶋神社をあとにしました。

これで富山県で訪れる場所は以上となります。

次は新潟県を目指します。

ちなみに、北陸周辺を電車で移動する場合は「北陸おでかけパス」を利用することをおすすめします。結構安く移動できますよ。

参考 トクトクきっぷJRおでかけネット

僕達もこれを利用して移動をしました。

燕温泉

直江津駅から次の目的地まではルートの都合で艦これの聖地とは関係がないのですが、疲れを癒そうということで燕温泉へ向かいました。

ちなみに直江津駅付近の移動であれば「トキめきホリデーフリーパス」がおすすめです。

参考 トキメキホリデーフリーパスえちごトキめき鉄道株式会社

関山駅からバスを利用して燕温泉まで向かいます。

さすがに温泉がちかいので強烈な硫黄の臭いがしました。

上の方にむかい歩いていると、おじさんが「この先を真っすぐ行けば天然の露天風呂があるぞ」と教えてくださったので、せっかくなので向かうことにしました。

狭くて険しい道が続きます

この先に天然の露天風呂があるのですが、どんな感じなのかは行ってみてのお楽しみということで。

すごかったですよ(色んな意味で)

行きはバスで来ましましたが、帰りは坂道をすーっと自転車で駆け抜けます。時速40−50 kmは出てましたね笑

さて、温泉で疲れが取れたので次の目的地である「関山神社」へ向かいます。

関山神社(せきやまじんじゃ)

由来のある艦娘

関山神社に由来のある艦娘は一等巡洋艦妙高型1番艦妙高です。艦名の由来は新潟県にある妙高山です。

実際の妙高はこのような艦です。

画像はWikipediaより

艦これにおける妙高はこんな感じです。

画像は艦これ攻略Wikiより

艦これにおける妙高は運の数値が高く、イベントの最終海域などで活躍してもらってます。

鳥居はこんな感じ。

そして、本殿がこちら。

本殿の中には、妙高に関するものを発見しました。

妙高がどのようなものかを説明されていました。

妙高は現在の海上自衛隊の護衛艦みょうこうにその名前が受け継がれています。

砲弾もおいてありました。

さて、そろそろ日もくれてきたので本日の宿泊先へ向かいます。

夕食

夕食は直江津駅近くのラーメン屋へ行きました。

宿泊先

本日の宿泊先は「快活クラブ上越市役所前店」です。

宿泊に関しては、様々な場所を考慮した結果ネットカフェが一番安くて快適だということで、2日目以降も活用していく予定です。

なんとか寝ることはできます

ネットカフェの秘密基地感がほんと好き

(恋と嘘おもしろいよ!)

シャワー料金を払い、シャワーを浴びて就寝です。

手洗いで洗濯も頑張ってみましたが、コインランドリーを使ったほうが効率いいです笑

手洗いはコスパが悪すぎです

ルートまとめ

金沢駅

高岡駅

射水神社

高岡駅

富山駅

婦中鵜坂駅

神通川

鵜坂神社

婦中鵜坂駅

富山駅

泊駅

越中宮崎駅

鹿嶋神社

越中宮崎駅

直江津駅

関山駅

燕温泉

関山神社

関山駅

直江津駅

まとめ

総歩行距離

8.3 km

総サイクル距離

29.0 km

総交通機関移動距離

291.8 km

初日から自転車での移動が多く大変でした。でも旅は楽しいです。駅でおじさんに話しかけられたり、山の売店で店主と話をしたりと、旅は人との出会いも楽しみの1つだと思います。

まだまだ始まったばかりですが、悔いの残らないよう全力でこの旅を楽しんでいこうと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)